最新求人情報

働き方重視の転職動機なら《マッチング診断》でターゲットを広げよう


大学職員が人気職種として近年定着してきました。とりわけ既卒採用においては少数の採用枠に多くの転職希望者が殺到し、応募倍率が100倍を超えることもザラとなっています。人気の過熱ぶりについては、たびたびメディアでも取り上げられるところです。

ここまで大学職員という職種に関心が高まっているのは、もちろん教育を通じて社会に貢献していきたいという意欲もあろうかと思いますが、大学職員の労働環境がイマドキの働き方と親和性が高いからではないかと思っております。
勝ち組・負け組といった二元論的な職業選択が一段落し、その中間、すなわち、「そこそこ働き、そこそこ食える」というワークスタイルを望む人が世の中で着実に増えているのでしょう。

こうした「働き方重視」の転職動機から大学業界を目指されている方が非常に多いと思うのですが、いわずもがな大学職員への道は狭き門となっています。転職活動が長期化し、あれよあれよといううちに1年や2年が過ぎていき、転職適齢期を逃すことにもつながりかねません。

大学職員一択型の転職活動は不確実性が高く、人生設計をリスキーなものにします。「働き方重視」の転職理由ならば、必ずしも大学職員だけに狙いを絞る必要はありません。「そこそこ働き、そこそこ食える」を実現できる仕事は、探せば世の中にいくらでもあるはずです。

公益法人や社会インフラ系の地元企業、女性が多く働いている企業など、ワークライフバランスに優れた企業を探す視点は少なくありません。少なくはないのですが、それに気づくためには着眼点が必要です。
最近は転職理由や希望条件による「マッチング診断」型のキュレーションサービスも充実してきているので、使えるものがあれば使ってみてください。

適職タイプ診断テスト

自分に向いている仕事って…?
仕事探しは自分探し。そんな悩める人にピッタリなのが「適職タイプ診断」です。4つのタイプを軸に、適性に合った職種を判定します。

転職理由発見くん

不満はあるけど、そんな気持ちで転職していいものか?
いやいや、大丈夫!それが立派な転職理由に変わります。

成りあがりタイプ診断

質問に答えて、あなたの素質や志向性を分析。
あなたは信長タイプ?秀吉タイプ?
歴史に名を残した偉人たちの成功プロセスを分析し、今よりもっと成功するために取るべき戦略をアドバイス。

⇒求人情報を20件ずつ一覧表示する

紹介予定&派遣求人給与ランキング(7月14日)

7月14日付けの紹介予定&派遣求人の給与ランキングは以下のとおりです。
トップは前回から引き続き早稲田大学の2300円で、こちらハラスメント関係の業務経験が必要と条件がややハード。次点は同志社大学の1800円で、留学生サポートスタッフの募集となります。さらに、1560円で中央大学、1500円で早稲田大学等が続きます。
ここ最近の傾向として、一般的に関東より賃金水準の低い関西の大学においても、特定業務の募集において関東の大学を上回る雇用条件を提示する大学がちらほら出てきました。
やはり需要があるのは英語で、さらに、人事・経理・法務など、専門性の高い法人系業務スキルも高賃金が設定される傾向にあります。

なお、一般的には勤務先名非公開求人のほうが圧倒的に好条件での募集が多いので、下記リンクも参考にしてみてください。
都心・関東近県の求人情報(勤務先非公開含む)
近畿地方の求人情報(勤務先非公開含む)
2300円:早稲田大学(ハラスメント相談)
1800円:同志社(留学生サポート)
1560円:中央大学
1500円:早稲田大学(紹介予定)
1500円:慈恵大学
1470円:工学院大学
1470円:慶應義塾
1400円:立命館(人事)
1300円:関西学院大学
1300円:法政大学
1200円:京都産業大学(紹介予定)
1200円:同志社(紹介予定)
1100円:立命館(紹介予定)

東京・大阪以外の地方都市なら《テンプスタッフ》が充実(「学校法人」で検索してください)