最新求人情報

大学の「いま」を考えるために


大学を取り巻く環境を理解するうえで、重要な資料を厳選して紹介します。
これらの資料を踏まえて志望動機等を練り上げれば、的外れなものになることはないでしょう。また、こうした資料に目を通していることを、さりげなく面接でアピールすることも有益かと思います。

国立大学の統一採用、独自採用も(2012年8月20日 日経新聞)
(前略)国立大の職員採用方法は法人化後、全国7つの地区ごとに合同で採用試験(統一試験)を行う形になった。1次試験は7地区が同じ日に行い、地区ごとに合格者を決める。2次試験は各大学がそれぞれ実施する。
東京大、福井大など一部の大学は統一試験と別に「独自試験」を行なっている。東大は2009年度以降は毎年、独自で20人程度、統一で10人程度を採用。(中略)
大阪大は今春卒、京都大は来春卒の採用から独自試験を始めた。

「大学改革実行プラン」(2012年6月5日文部科学省)
学士課程教育・入試・国際化・産学連携・第三者評価・財務強化など、網羅的な観点から大学改革の方向性をまとめた資料です。もちろん、3月24日中教審まとめ(下記参照)を踏まえた内容となっています。
プレゼンを意識した資料なので、比較的読み易いと思います。この資料は今後、大学業界の会議や研修会等で、繰り返し使われ、引用され、抜粋されるでしょう。第一級に重要な資料です。

「予測困難な時代において生涯学び続け、主体的に考える力を育成する大学へ」(2012年3月24日中央教育審議会審議まとめ)
中教審がまとめた大学教育に関する意見です。文科大臣や文科省は重要な判断において中教審に考えを諮るため、中教審の審議は非常に重要です。中教審の審議経過を逐一チェックするのは大変ですから、「まとめ」の段階で資料を確認するのが妥当かと思います。
この資料では、大学改革のなかでも「教育」だけにスポットが当てられているので、大学生の学びについて情熱をお持ちの方には、一読の価値があるでしょう。
文章だけの資料なので大変ですが、内容的には非常に、濃い、です。大学の中では迂闊に言えないようなことが、切れ味鋭く書かれています。

Times Higher Education
日本でも度々報道される「世界大学ランキング」です。

学校基本調査
幼稚園から大学・大学院を対象とした政府による統計調査。昭和23年より開始され、毎年実施されており、教育環境を国という単位で分析するのに役立つでしょう。
学校関係では他にも、学校教員統計調査学校保健統計調査があります。

e-stat 政府統計の総合窓口
総務省統計局、独立行政法人統計センターが運営する、政府統計の総合窓口です。
国勢調査、全国物価統計調査、学校基本調査などの主要統計をはじめ、あらゆる政府統計の「まとめ」サイトですので、必要に応じて使いこなしましょう。プレゼン資料や研修教材を作るのにも役立ちます。

⇒求人情報を20件ずつ一覧表示する

紹介予定&派遣求人給与ランキング(2月6日)

2月6日付けの紹介予定&派遣求人の給与ランキングは以下のとおりです。
トップは早稲田大学の2300円となっており、こちらハラスメント対応担当で人事経験が要件となっています。次点は慶應義塾の1700円でWeb制作の経験者が対象、続いて、早稲田大学高等学院と日本大学が1600円で並んでおり特段の応募条件はありません。
関西方面では立命館が1400円、関西学院が1300円と、高待遇で募集をかけており、こちらも特別なスキル要求はありません。関西圏での時給水準は、「立命館≧関学>その他」という構図が出来上がりつつあるように見受けられます。

なお、一般的には勤務先名非公開求人のほうが圧倒的に好条件での募集が多いので、下記リンクも参考にしてみてください。
都心・関東近県の求人情報(勤務先非公開含む)
近畿地方の求人情報(勤務先非公開含む)

2300円:早稲田大学(人事経験)
1700円:慶應義塾(WEB経験)
1600円:早稲田大学高等学院
1600円:日本大学
1540円:慶應義塾
1500円:早稲田大学(紹介予定)
1480円:慈恵大学
1400円:立命館
1400円:早稲田大学
1400円:神奈川大学
1400円:順天堂大学
1300円:関西学院大学
1300円:法政大学(紹介予定)
1200円:同志社
1200円:大阪工業大学
1200円:京都産業大学
1140円:明治大学(農場勤務)
1100円:杏林大学

東京・大阪以外の地方都市なら《テンプスタッフ》が充実(「学校法人」で検索してください)