最新求人情報

大学職員への転職活動はどの程度の長期戦を覚悟しておくべきか


大学職員への転職を検討されている方の中には、これが初めての転職活動だという方も少なくないかと思います。暗中模索の手探り状態でエントリーシートを書き、見事に書類選考を突破すれば、複数回の面接を経て、内定へとつながるわけですが、なかなか1ヶ月や2ヶ月で内定を獲得できるほど容易いわけではありません。

大抵の方は応募書類を作成するのに1校あたり最低でも2週間はかかっているかと思います。在職中の転職者であれば土日のみ転職活動に充てられるとして3週間はかかるでしょう。
せいぜい2000字程度の作文ではありますが、いざ机に向かってみると、そうサクサクと筆が進むものではありません。2時間で5行程度しか進まない、ということも珍しくはありません。
志望度合いによって力の入れ加減を調節したとしても、1度に掛け持ちできるのは2校が現実的、どう頑張っても3校が限界というところかと思います。

以下のデータは一般的な転職活動における転職決定者の平均応募社数です。データはリクナビネクストとリクルートエージェントのサイトから拝借したものですので、あくまで全業界の平均値であることをお断りしておきます。
リクナビネクストのデータによれば平均応募社数は18社とのことですので、同時掛け持ちが3社(校)ということであれば、1サイクルの応募に1ヶ月はかかるとして、内定まで最低6ヶ月は必要となる計算です。
ただし、公募を行っている大学の数には限りがありますから、いわゆる「弾切れ」を考慮すると、もう少し長期戦を覚悟しておいた方が無難かもしれません。

転職成功者の平均応募社数は18社(出典:リクナビネクスト)

内定を得るまでに何社に応募した(出典:リクルートエージェント)

私自身の体験談としては、最初の大学に応募書類を提出してから2ヶ月程度で内定を獲得しました。ただし、書類作成の期間を含めると3ヶ月から4ヶ月くらいかかっているかもしれません。
この期間、週末はほぼ転職活動に費やしました。4ヶ月もの間、貴重な週末を内定可能性の低い転職活動に費やし続けるのは、在職中の転職活動者にとって精神的にとても辛いことです。私もこれ以上長期化していたら、志半ばで転職を諦めていたかもしれません。

転職活動がどれだけ長期化するかは個人差があるかと思います。内定体験記の中で「大学職員の公募は順番待ちではない」と書きましたが、受け続けていれば内定が出るというものではありません。
最初は誰しも転職初心者ですが、面接を10回程度こなしているうちに、だんだんとコツがつかめてきます。自己紹介で躓かない工夫や志望理由を淀みなく語る工夫など、多くの改善点に気づくことでしょう。そこが内定獲得に向けたスタートラインですから、そうした「内定力」をどれだけ早期に身に付けるかが重要であり、転職活動が短期決戦になるか長期決戦になるかの分かれ道です。

⇒求人情報を20件ずつ一覧表示する

紹介予定&派遣求人給与ランキング(5月5日)

5月5日付けの紹介予定&派遣求人の給与ランキングは以下のとおりです。
トップは2300円で早稲田大学、次点は1600円で昭和女子大学となりました。いずれも経験業務指定でハードルは高めですが、それだけに好条件の募集となっています。次いで早稲田大学附属高校の1500円ですが、附属学校勤務は大学職員の人気異動先でもあります。
関西方面では神戸女学院と関西学院が1280円と関東水準に近い条件での募集となっています。

なお、一般的には勤務先名非公開求人のほうが圧倒的に好条件での募集が多いので、下記リンクも参考にしてみてください。
都心・関東近県の求人情報(勤務先非公開含む)
近畿地方の求人情報(勤務先非公開含む)

2300円:早稲田大学(ハラスメント防止)
1600円:昭和女子大学(CAD)
1500円:早稲田大学附属高校
1500円:早稲田大学
1400円:神奈川大学
1300円:明治大学(英語)
1280円:関西学院大学
1280円:神戸女学院
1250円:東京理科大学
1200円:同志社
1140円:明治大学
1100円:杏林大学
1080円:立命館(紹介予定)

東京・大阪以外の地方都市なら《テンプスタッフ》が充実(「学校法人」で検索してください)