最新求人情報

私立大学の給与規程はこんな感じになっている ~麻布大学の事例から~

10分前でも間に合う面接対策⇒ 第1回 面接を商取引の場に変える

以前に私立大学の給与水準について組合関係資料を紹介したことがありました(私立大学事務職員の給与に関する近年の事情)が、私立大学は国立大学と違い、給与規程などの学内資料を公開することは極めて珍しい状況です。給与規程さえ見ることができれば、組合資料に頼ることなく、正確にその大学の賃金水準を理解することができます。今回たまたま麻布大学の給与規程がネット公開されていることを知りましたのでご紹介します。例によってご関心があれば続きをご覧ください。

まずは出典のご紹介から。
学校法人麻布獣医学園給与規程
http://www.azabu-u.ac.jp/information/reiki_int/reiki_honbun/w0390032001.html

az1.png

ちなみに、URLの中に「reiki」(例規)と入っているのは、reiki-baseといって国立大学や官公庁などでも使用されている規則等の管理システムのことです。詳しくはぎょうせい社のウェブサイトを参照のこと。以上、小ネタとして。
いきなり脱線してしまいましたが、上記URLにて麻布大学の給与規程が公開されています。
事務職員の俸給表は別表第1に定められており、別表第6によると大卒初任給は2等級2号俸(174,400円)となっています。毎年1号俸ずつ昇給することも規定されています。

この俸給表についてパッと見で気づくこととして、等級数が多いということです。各等級と役職との対応関係は別の規程に定められていますが、7等級(課長)以上が管理職のようです。
等級が上がるほど昇給幅が大きくなっていくのも特徴と言えます。残業代と役職手当が逆転しないように、管理職未満のベース賃金を抑える意図があるのでしょうか。
また、等級が上がらなければ昇給がすぐに頭打ちになるよう設計されているため、人事評価と給与水準がかなり密接にリンクしているように感じます。合理的ではあるけど、上司からの評価(≒人間関係)が生活水準にまで影響すると考えると空恐ろしく感じます。

このように同業者の視点から色々と推測してみましたが、冒頭に記したとおり、私立大学が給与規程をウェブ公開しているのは非常に珍しいです。給与規程以外の規則も下記URLで公開されていますので、ご興味のある方はぜひサイトを訪問してみてください。
http://www.azabu-u.ac.jp/information/reiki_int/reiki_mokuji/r_taikei_main.html

このような貴重な資料を提供してくれていることに感謝しつつ、次回もまたよろしくお願いします。

⇒求人情報を20件ずつ一覧表示する

紹介予定&派遣求人給与ランキング(11月25日)

11月25日付けの紹介予定&派遣求人の給与ランキングは以下のとおりです。
トップは慶應義塾の1550円となっており、さらに次点として中央大学、神奈川大学、早稲田大学、東京農業大学が1500円で続いています。これら全て、特別な経験やスキルは応募条件となっていません。
関西方面では立命館が1350円と高待遇で募集をかけており、こちらも特別なスキル要求はありません。
一時期は業界的な人気から、関東では1300円台、関西では1100円台が相場になっていましたが、事務職の人材不足はかなり深刻であることが、こうした数字からも感じられる状況です。

なお、一般的には勤務先名非公開求人のほうが圧倒的に好条件での募集が多いので、下記リンクも参考にしてみてください。
都心・関東近県の求人情報(勤務先非公開含む)
近畿地方の求人情報(勤務先非公開含む)

1550円:慶應義塾(田町)
1500円:中央大学(八王子)
1500円:神奈川大学(横浜)
1500円:早稲田大学(高田馬場)
1500円:慶應義塾(信濃町)
1500円:東京農業大学(経堂)
1480円:慈恵大学(神谷町)
1450円:立教学院(池袋)
1450円:東京理科大学(飯田橋)
1350円:立命館(二条城)
1300円:関西学院(門戸厄神)
1200円:同志社(出町柳)
1200円:京都産業大学(国際会館)
1140円:明治大学(御茶ノ水)
1100円:杏林大学

東京・大阪以外の地方都市なら《テンプスタッフ》が充実(「学校法人」で検索してください)