最新求人情報

大学職員の新卒採用倍率がとんでもないことになっていた

第1問 「君ってお酒飲める?」⇒ 《鬼の面接力診断》

いまや人気職種として定着した大学事務職員ですが、人気とともに採用倍率も高騰しています。
朝日新聞出版「大学ランキング2015」によれば、大学職員の新卒採用倍率のトップは学習院大学の367.0倍と突出しており、10位の法政大学以上はすべて100倍超えとなっています。

ランキング上位5大学は以下のとおり。なお、同書には35位までの新卒倍率ランキングのほか、中途採用倍率、自校出身者比率など、多くの参考情報が掲載されています。詳細データが必要な方は、在庫または電子版をお求めください。

1. 学習院大学:367.0倍

2. 明治学院大学:207.0倍

3. 多摩美術大学:123.0倍

4. 東京薬科大学:118.0倍

5. 中京大学:117.0倍
———————————-
10. 法政大学:100.0倍
———————————-
20. 名城大学:64.3倍
———————————-
35. 文教大学:42.1倍

なお、別の年度のランキングによれば、1位が128.9倍(京都産業大学)というデータもあります。採用者数の変動幅が大きい業界のため、たとえば5名増えたり減ったりするだけで、倍率もドカンと変わるのです。上記のデータを見て、学習院大学や明治学院大学を敬遠するのは早計かもしれません。

また、当サイトではこれまでにも、このような高倍率に対する受験時の心構えや対策について、考察を述べてまいりました。詳しくは下記リンクを参照いただきたいと思いますが、基本的には倍率はそれほど気にしなくてよいというスタンスです。

高倍率を気にするな
http://naiteiweb.com/souki/competition/

倍率以上に意識する必要があるのは、むしろ自校出身者比率でしょう。同じく朝日新聞出版「大学ランキング2016」によれば、2014年度の新規採用において、跡見学園女子大学、創価大学、同志社大学の3大学が、自校出身者比率100%となっており、ランキング29位の関西学院大学も52.6%と過半数を超えております。

とりわけ新卒採用で大学業界を検討される方は、中途採用に比べて選択肢が非常に多いため、これらのデータは候補の絞り込みに有効でしょう。

⇒求人情報を20件ずつ一覧表示する

紹介予定&派遣求人給与ランキング(10月30日)

10月31日付けの紹介予定&派遣求人の給与ランキングは以下のとおりです。
トップは東京農業大学と早稲田大学が時給1600円で並び、どちらも特別な経験・スキルは不要となっています。さらに、1570円で中央大学、1500円で慶應・東京理科・芝浦工業が続いています。
関西方面では立命館が1400円の高待遇で募集をかけており、オフィスワークの経験があれば応募可能のようです。
一時期、大学業界への人材派遣は設定賃金がかなり落ち込み傾向にありましたが、年末から新年度に向けて、人材の奪い合いが始まっているのでは?そのような感触を持ちました。

なお、一般的には勤務先名非公開求人のほうが圧倒的に好条件での募集が多いので、下記リンクも参考にしてみてください。
都心・関東近県の求人情報(勤務先非公開含む)
近畿地方の求人情報(勤務先非公開含む)

1600円:東京農業大学
1600円:早稲田大学
1570円:中央大学
1500円:慶應義塾大学
1500円:東京理科大学
1500円:芝浦工業大学
1480円:病院事務
1400円:立命館(紹介予定)
1400円:神奈川大学
1300円:関西学院大学
1300円:明治大学(経理)
1200円:同志社(紹介予定)
1140円:明治大学
1100円:杏林大学

東京・大阪以外の地方都市なら《テンプスタッフ》が充実(「学校法人」で検索してください)