最新求人情報

大手求人サイトでのオープン公募がガチである理由


大学業界への転職を検討中の方であれば、求人情報の収集には余念が無いことと思われる。いまや大半の大学における事務職員の採用は公募制となっており、大学業界への扉は広く開け放たれていると言ってよいだろう。求人情報さえ手にできれば、誰もが大学業界への就業機会にアクセスすることができる。一方で、一部の大学においては、公募情報の掲載から締切まで1週間程度など、本当に公募の意志があるのかと眉唾ものの求人もあり、全ての求人情報がアテになるわけではないのも事実。それに対して、やはりリクナビネクストやマイナビ転職などの大手求人サイトを通じた公募は、ガチの公募だろうと考えられる理由が本日のテーマ。

大手求人サイト経由の公募がガチである根拠として、まずは下表を見ていただきたい。
ちなみにネタ元はこちら。
リクナビネクスト
https://next.rikunabi.com/

rn2.png

上の表は大手求人サイト、リクナビネクストへの求人掲載費用である。
最低18万円から、最高180万円までのプランが用意されている。
表の見方は、数字(1~5)が増えるほど求人ページの情報量が多くなる。また、掲載期間は2週間が基本だが、アルファベットの「L」が付いたプランでは4週間となる。より詳細な情報はこちらを参照。

さらに具体例を出して、実際に各大学が支払っている費用を検証してみる。
費用を見分けるポイントは、求人ページの末尾部分。
画像が小さくて申し訳ないが、ご覧のとおり写真が3枚と社員インタビューが1名分である。
このスペックだと上表の「N2」に該当し、掲載期間にもよるが概ね30万円前後のコストとなる。

ちなみに、上記の事例は沖縄科学技術大学院大学である。沖縄科学技術大学院大学は募集職種ごとに採用ページを分けているので、毎月数十万から100万近い費用をかけているのではないかと思われる。
大学業界に関して言えば、上記の「N2」ないしはベースプランの「N1」の利用が中心となっている。

全くの他業界ではあるが、一条工務店さんなどは、上表で「N5」の求人ページをいくつも掲載しているので、毎月1000万円程度の費用を支払っているものと思われる。
このように大学業界の採用活動をコストの面から検証してみると、大手求人サイトを利用する大学が、いかに本腰を入れて採用活動を行っているかが分かる。
特に中規模以下の大学では、本気度の怪しい公募情報を自校ウェブサイトに掲載しているケースが散見される。一方、小規模であっても、大手求人サイト経由で公募を行っていれば、それはガチと判断してよいだろう。
転職者におかれては、限られた時間を有効に活用するため、ぜひこのような視点を持っていただきたいと思う。

⇒求人情報を20件ずつ一覧表示する

紹介予定&派遣求人給与ランキング(11月25日)

11月25日付けの紹介予定&派遣求人の給与ランキングは以下のとおりです。
トップは慶應義塾の1550円となっており、さらに次点として中央大学、神奈川大学、早稲田大学、東京農業大学が1500円で続いています。これら全て、特別な経験やスキルは応募条件となっていません。
関西方面では立命館が1350円と高待遇で募集をかけており、こちらも特別なスキル要求はありません。
一時期は業界的な人気から、関東では1300円台、関西では1100円台が相場になっていましたが、事務職の人材不足はかなり深刻であることが、こうした数字からも感じられる状況です。

なお、一般的には勤務先名非公開求人のほうが圧倒的に好条件での募集が多いので、下記リンクも参考にしてみてください。
都心・関東近県の求人情報(勤務先非公開含む)
近畿地方の求人情報(勤務先非公開含む)

1550円:慶應義塾(田町)
1500円:中央大学(八王子)
1500円:神奈川大学(横浜)
1500円:早稲田大学(高田馬場)
1500円:慶應義塾(信濃町)
1500円:東京農業大学(経堂)
1480円:慈恵大学(神谷町)
1450円:立教学院(池袋)
1450円:東京理科大学(飯田橋)
1350円:立命館(二条城)
1300円:関西学院(門戸厄神)
1200円:同志社(出町柳)
1200円:京都産業大学(国際会館)
1140円:明治大学(御茶ノ水)
1100円:杏林大学

東京・大阪以外の地方都市なら《テンプスタッフ》が充実(「学校法人」で検索してください)