ノーミスでは勝ち残れない

大学職員の面接試験を受ける中で、特にミスもしてないのに落ちた、
このような経験はありませんか?
どこが悪かったんだろう、何をミスったんだろう、
さっぱり理由が分からない。
とりあえず、大学が求める人材像と違っていたんだなと諦めるパターンです。

さて、ここに面接における致命的な誤解があります。
「どこが悪かったんだろう」というような減点方式の発想は、
若干名募集の採用試験では通用しません。

1つか2つの椅子を巡って、数十から数百名の応募者が殺到しているのです。
減点方式で面接をしていたら、面接を何回繰り返しても絞り込めません。

面接会場に集まった多くの応募者を見て、この中で1番になるんだと
腹をくくらなければなりません。
他の応募者もそれなりに準備をして面接に臨んでいるでしょうから、
その数十名の中で1番になるのは容易ではありませんが、
どのみち1番にならなければ若干名募集で内定は獲れないのです。

しかし、一度腹をくくれば怖いモノはありません。
1次面接で落ちたらどうしよう、2次面接で落ちたらどうしよう、
そんな些細な悩みから解放されます。
最終選考を通らなければ意味がないんだという覚悟があれば、
実に堂々とした心境で面接に臨むことができます。

恐らく、大半の応募者は、1次や2次面接をパスすることに必死です。
60名が面接を受けるなら、上位25番には入りたいな、
その程度の低いハードルと戦っています。
そして、かろうじて1次面接を通過できたとしても、
当然のように2次選考で脱落するわけです。
1次面接での評価を前提に2次面接を行っているわけですから、
当然の結果と言えるでしょう。

最終面接を除き、面接を通過するか否かは問題ではありません。
上位(できれば1位)で通過できるかが重要なのです。