志望動機系テーマへの対策

作文のテーマとして頻出なのが、志望動機・自己PR系のお題です。
履歴書など応募書類で似たようなことを書いているはずですから、
これを作文のテーマに合わせて微調整していけば対応可能だと思います。

具体的な文章構成ですが、私の場合は以下のような感じです。
1)まず、日本や大学を取り巻く環境など社会的背景を冒頭に書き出す
2)その中で大学に求められる要素を1つ指摘する
3)それを実現するための具体策へと文章を展開する

本当にこの程度で!?と思われるかもしれませんが、
実際にこの程度の文章力で内定をもらっていますし、
作文試験を取りこぼしたことはありません。

ただし、書きやすいテーマであるだけに、全体的にハイレベルです。
誰もがそれなりの水準に仕上げてくることでしょう。
すなわち、これらテーマでの作文において、「書きかけ」や「字数不足」は
致命的な失敗
です。

あらかじめ自身の考えがあって然るべきテーマですから、内容も問われます。
その場でウンウン考えて、思いつきで書き進めてはいけません。
内容的には志望動機書にプラスα程度の枝葉をつければ十分だと思います。

内容以外では、どれだけ理知的な表現が使えるか、文章の流麗さも重要です。
優れた語彙力や漢字力も好印象を与えますので、国語力に自信のある方は
意識的にアピールした方がよいかと思います。
作文の中では書きやすいテーマですから、志望動機系のお題でも
なかなか文章が書けないという方は、履歴書の志望動機や自己PRを
読み直してみることをお勧めします。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Buffer this page