作文対策

過去問・予想問題

大学職員の作文試験のテーマは大きく2つに分かれます。 1つは「大学とは」や「職員として」などの、志望動機に近いもの。 もう1つは教育や社会的なテーマで、「ゆとり教育」や「格差社会」など 幅広く出題されているようです。...

志望動機系テーマへの対策

作文のテーマとして頻出なのが、志望動機・自己PR系のお題 です。 履歴書など応募書類で似たようなことを書いているはずですから、 これを作文のテーマに合わせて微調整していけば対応可能だと思います。 具体的な文章構成ですが、私の場合は以下のような感じです。...

その他テーマへの対策(志望動機系以外)

作文で厄介なのは初見のお題 です。つまり、オリジナリティ溢れるテーマ。 こればかりは、文章の流れやオチを、短時間で考えなければなりません。 中でも難しいのは、「世界」や「友情」 など、単語だけをポンと 与えられるケースです。...

字数不足の回避策

一般的に字数制限のある作文では指定字数の8割以上 を埋めなければ ならないと言われています。 800字の指定であれば、640字以上を埋める必要があるということです。 文字数をオーバーしてもダメですが、それなりの文字数がないと 見た目にも貧弱ですし、あまり印象も良くないでしょう。 ところが、作文試験は一発勝負のため、下書きができません。 下書きができないということは、実際に文章を書いてみないことには どの程度の文字数になるか予想が難しい ということです。...
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Buffer this page