目標ライン・対策全般

別項「常に上位通過を目指す」でも触れさせていただきましたが、
筆記試験は数字で結果が出るだけに、上位通過の重要性は高くなります。
募集人数が5名なら5位以内、若干名募集なら1位通過が目標です。
筆記試験だけならば上位20〜50%程度でもクリアできますが、
その点数では次の選考を突破することは困難です。
早期内定を目標とする以上、目線は常に最終面接に向けなければなりません。
とはいえ、私自身にとって筆記試験は一番の鬼門でした。
筆記試験として頻出のSPIや一般常識は、中学受験経験者や国立大出身者に
有利かと思われますが、私はそのいずれにも該当しません。
また、幸か不幸か、新卒時の就職活動もスンナリ終わってしまったため、
まともに筆記対策に取り組んだ経験がありませんでした。

当然ながら、じっくりと綿密に準備ができればベストなのですが、
私のような転職組にそのような時間的余裕はありません。
前職では、平日で8時−21時、土曜出勤も多い状況でしたから、
それなりの優先順位を考える必要があったわけです。

下表は筆記試験でよく使われる試験種目別に、対策の効果や所要時間を
まとめたものです。

筆記試験の種類  頻出度 対策効果 所要時間 オススメ
1)性格診断       多     少     少      △
2)クレペリン検査   普     普     少      ◯
3)SPI          多     特      普      ◎
4)教養試験       少     大      多      ☓
5)一般常識       普     大      普      ◯

筆記試験対策の優先順位としては、比較的多くの大学で採用されており、
対策を行った場合の効果性の高いSPIがお勧めです。
それに次いで、一般常識。教養試験は準備さえすれば効果絶大ですが、
あまりお目にかからないのが難点です。

余談ですが、早稲田大学の選考試験では、用語説明型の一般常識問題が
毎年のように出題されているようです。
例えば、「京都議定書」という用語について、簡潔に説明を求めるものです。
早稲田の募集人数は他大学に比べて多い(10〜20名程度)ので、
実質的な対策効果は数倍だと思って下さい。
早稲田のためだけに一般常識対策をしてもいいくらいです。

性格診断とクレペリン検査は短時間でコツをつかむことができるので、
とりあえず対策本にザッと目を通しておきましょう。
性格診断など対策のしようが無い・・・と諦めることなかれ、
ライスケールを頭の片隅に置いておくだけでも効果があります。
私の場合、両方合わせて30分程度だったと思います。本当に短時間です。

最後に、それを言っちゃあおしまいだよ!と嘆きたくもなりますが、
ご自身の職歴や学歴に自信のある方は、筆記対策をパスするのも手です。
もちろん筆記重視の大学もあるかと思いますが、ある程度は下駄を
履かせてくれる
ことを前提に、最終選考の突破に照準を合わせた方が
早期内定への近道かと思います。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Buffer this page