クレペリン検査(基本編)

1)クレペリン検査の概要
クレペリン検査は(なぜだか)大学職員の選考試験で多く使われます。
初めて耳にする方もいらっしゃるかと思いますが、大量の計算問題を
解かせることにより、事務処理能力や特性(性格)を診断することが目的です。

方法は非常に簡単で、「5+7」のような1桁の加算をひたすら反復します。
本番開始前に必ず練習時間が用意されているため、特に対策をしていなくても
慣れるのに時間はかからないでしょう。

さて、ここではクレペリン検査の内容を軽くおさらいしていきます。
以下はクレペリン検査の試験用紙の抜粋です。(実際にはA4を横に
3枚ほど並べたサイズの用紙に、目がくらむほど数字が印字されています)

——————————————————–

2 7 9 6 7 8 ・・・・・(延々と数字が続く)

——————————————————–

試験のルールは「並んだ数字の和を左から順に書き込む」というものです。
たとえば、上記の例で、最初の答えは「2+7」で「9」となります。
なお、繰り上がって2桁になる場合は、1の位が答えになるルールです。

上の例題の場合、答えは以下のようになります。
※下段が書き込むべき正答です。

——————————————————–

2 7 9 6 7 8 ・・・・・
 9 6 5 3 5  ・・・・・

——————————————————–

上記以外のクレペリン検査のルールは以下の通りです。
なお、どの企業や大学で受験しても、ルールは共通のようです。

1:試験はテープの指示に従って進める
2:計算は用紙の左から右へと進め、テープの合図で次の行に移る
3:試験は前半15分・後半15分、間に5分の休憩あり

2)計算テクニック
クレペリン検査で問われるような計算能力は、訓練の積み重ねによって
ブラッシュアップすることが可能です。
ニンテンドーDSをお持ちの方は、有名な「脳トレ」ゲームを
活用してみても良いでしょう。

ここでは、そのような訓練をする時間の無い方のために、クレペリン検査に
特化した計算のコツをいくつかご紹介します。
非常に実践的な方法ですので、ぜひ試してみてください。

その1:テトリス式計算術
いきなり冗談のような名称で恐縮ですが、クレペリン検査用紙の特徴を
逆手に取った計算テクニックです。
テトリスの上級者が常に「次の」落ちコマを意識していることから、
このような名称にしてみました。

結論から先に言えば、「記入と計算を同時並行で行う」わけです。
常に次の数字を視界に入れることで、答えの記入より計算の方が1つ2つ
先行するような状態をキープできればベストです。
実際に例を挙げてご説明しましょう。

——————————————————–

2 7 5 6 7 8 ・・・・・

——————————————————–

上記の例では、まず「2+7」を計算しますが、同時に次の「5」も視界に
入れておいてください。
そして、最初の答えである「9」を記入しながら、「7+5」を計算します。
慣れれば2つ先の計算まで先行できますから、頑張ってみてください。

その2:「9」はチャンス問題である
クレペリン検査の悩ましい点の一つは、2つの数字を足した答えが
2桁に「繰り上がるか否か」です。
たとえば、「2+6」の直後に「6+7」を計算すると、一瞬だけ頭が
固まってしまったりします。

これを逆手に取れば、「9」は必ず繰り上がるという意味でチャンスです。
「9」が目に入った瞬間、前後の計算はどちらも「−1」とするだけです。
「9」の前後はどのような数字が並んでいても、「−1」とするだけです。
この瞬速計算法は「9」の特権ですので、ぜひ頭に入れておいて下さい。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Buffer this page