転職活動初期

私が転職活動を開始してから内定を獲るまでの体験記です。
自身の経験からも、転職活動中は非常に不安でしたし、
実際に内定する人はどんな準備をしてるんだろう?
という疑問がありました。
私個人の体験談ですが、何かのお役に立てればと思います。

1)転職活動初期
2006年4月上旬のことでした、私は転職サイト「マイナビ転職」
A大学の職員公募を目にしました。
大学職員という職種の存在自体、このとき初めて知ったと思います。
正直なところ転職意欲がそれほど高かったわけではありませんでしたが、
知的な雰囲気への憧れもあり、興味半分で応募してみました。
この偶然の巡り合わせが、それから2ヶ月にわたる転職活動の始まりでした。

さて、転職経験の無い私にとって、応募するだけで課題山積です。
大学への提出書類の作成に貴重な土日を費やしたほか、
履歴書用にスピード写真を撮影するのも数年ぶりのことです。
また、卒業証明書と成績証明書を発行してもらうため、
はるばる母校を訪問する必要もありました。
1通300円の卒業証明書と成績証明書を、念のために6セットも購入。
交通費や書類代など、なにかとお金がかかったものです。
いま振り返ると非常に貧弱な志望動機や自己PRでしたが、
ともかく最低限の出撃準備を整えたのです。

ようやくA大学に応募書類を郵送したあと、私はそれ以外の大学の求人にも
エントリーしてみることにしました。
せっかく時間をかけて志望動機を練り上げたわけですから、
1校だけに応募するのも勿体ないと感じました。
どの大学も提出書類の内容に大きな違いはありませんから、
ひとつテンプレートを作ってしまえば量産するのは容易でした。

それと同時に、マイナビだけでは求人情報をカバーできないと思い、
その他の転職サイト(リクナビネクスト)にも登録しました。
中規模以上の大学であれば、マイナビかリクナビネクストのいずれかに
公募が掲示されていたと思います。
なお、当時の私は有名な「大学職員への道」すら知らなかったため、
情報源は完全に転職サイトのみを頼っていました。

さて、A大学に最初の履歴書を送ってから2週間後、メールで書類選考を
通過したという連絡がきました。
いよいよ数年ぶりの就職活動が始まるかと思うと、自然に気分が高揚します。

A大学の1次選考は適性検査と作文でした。
適性検査は性格診断に近いタイプのもので、かなり気楽に受けました。
こんな性格診断が選考の役に立つのか、いまだに理解できません。
一方、作文は思うようにいかず、後半は緊張のあまり手が震えていました。
試験終了5分前に原稿用紙の半分も埋まらなかったくらいですから、
言うまでもなく酷い出来だったと思います。
しかし、妙に開き直ってしまい、スッとした気分で家路に就きました。
失敗しても失うものは何もありません!貴重な週末の時間以外は。。。

A大学の1次結果を待っている間、他にエントリーしていた各校から
次々と書類選考の結果が返ってきました。
書類通過は5校中の3校で、落ちた2校は女子大でした。
新卒時代も含めて就職活動での書類落ちは人生初の経験なので、
意外に厳しいものだと実感しました。
やはり30代での転職は厳しいです。
さらに、書類通過した3校も、微妙に1次選考の日程が重複していました。
せっかく時間をかけて履歴書を作ったのに、なんだか勿体ない気もします。

そうこうしているうちに、A大学から1次選考の結果が送られてきました。
意外にも1次通過という内容で驚きました。
作文の出来の悪さは自覚していたので、なぜ合格したのかも分かりません。

しかし、こうなると気分は有頂天です。
きっと何を書いても合格させてくれるんだろう、そんな気すらしてきました。
しかし、その根拠の無い自信は、2次選考で完全に打ち砕かれたのです。

5月の連休明け、A大学の2次選考は個人面接でした(面接官2人:私)。
まさかの1次通過で自信満々になっていた私は、待合室でビジネス文庫を
読むほどの余裕を持っていました。
私と同じように待合室に集まっていた応募者は10名ほどで、
男女比は半々だったと思います。

そして、いよいよ失敗の瞬間が近づきます。
係員の案内で面接会場に通され、荷物を置き、着席しました。
少しずつ胸の鼓動というか動悸を感じ始め、嫌な予感が・・・・・

的中!

面接官からの「まず自己紹介をお願いします」という振りに対して、
うまく言葉が出てきません。
自己PRと志望動機の内容は十分に吟味したつもりです。
応募書類と矛盾しないよう、徹底的に内容を頭に入れていました。
ところが、記憶していた言葉が、テンポ良く口から出てこないんですよね。
すっかりペースを乱してしまった私は、質問への受け答えもチグハグに
なってしまい、言うまでもなく2次選考で敗退という結果になりました。

当然の結果とは言え、A大学での選考落ちは非常にショックでした。
この状況に危機感を覚えた私は、さらに求人情報を集めるべく、
転職エージェントの門をも叩きました。(ちなみにリクルートエージェント
軽い気持ちで始めた転職活動が、必死の様相を帯びてきたのです。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Buffer this page