転職エージェント利用体験記

近年、大学職員の公開求人には100倍を超える応募も珍しくありません。
わたしは基本的に「高倍率など無意味」だという考え方を持っており、内定を獲得するに足る実力があれば、正味の倍率はせいぜい10倍程度ではないかと思っています。
志望動機を磨き上げ、万全のエントリーシートを仕上げれば、書類選考はもちろん、面接であっても恐れるに足りません。自信に満ちた言葉がよどみなく溢れだし、面接官に揚げ足を取る機会すら与えません。
最終選考までの視界は良好、あとは実力者との一騎打ちを制すれば、晴れて内定の栄に浴することができるはずです。

しかしながら。

数名の採用枠に数百人の就職希望者が殺到した場合、人事担当者は「数をさばく」ことに手一杯になってしまい、内定力を備えた実力者が見落とされてしまう可能性が否定できません。
大学職員の採用選考に敗者復活戦はありませんから、書類選考を含めた採用段階で一度でも見落とされてしまえば、その時点でジ・エンドです。
数少ない専任職員の採用機会において、このような「事故」は防がなくてはなりません。アンラッキーで人生をフイにしないために、高倍率は避けたいところです。
わたしも一人の就職希望者として転職活動に励んでいた際は、可能なかぎり高倍率を避ける方法を模索していました。

さて、わたしが転職エージェントに申し込んだのは、最終面接落ちを含めて「負け」が続いた時期でした。持ち駒を補充しなければという焦りもありましたし、不採用となるたびに振り出しに戻ることへの徒労感が限界に達しつつありました。「敗者の無限ループ」とも言うべき終わりなき転職活動に、わたしの精神は崖っぷちだったのです。
転職エージェントの利用に対してはなんとなく尻込みしていたのですが、虎穴に入らずんば虎児を得ずと言われるように、そこに「抜け道」が見つかるのではないかという期待を持ったのです。

わたしが利用した転職エージェントは、リクルートエージェントでした。ほかにもマイナビエージェントやDODAなどの選択肢がありましたが、転職エージェントの利用に際してはキャリアアドバイザーとの面談が必須ということもあり、面談会場となる営業拠点へのアクセスの良さで選びました。ちなみに、リクルートエージェントの営業拠点は、北は北海道、南は福岡まで、全国に16拠点があります(具体的には、札幌、仙台、宇都宮、大宮、千葉、東京(丸の内・立川)、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡)。
リクルートエージェントは、営業拠点と求人案件の数では業界最多です(リクルートエージェント以外の転職エージェントは求人案件数を掲載していませんが、裏を返せば数では勝てないということです)。

リクルートエージェントへの利用申込は、以下の申込みフォームから登録します。

転職支援サービス申し込み(リクルートエージェント)
https://www.r-agent.com/entry/ts/

サービス利用の申込みを済ませると、「Personal Desktop」という個人専用ページが利用可能となります。
Personal Desktopの機能は以下のとおりです。
(なお、「Personal Desktop」の名称及び機能はわたしが転職活動をしていた当時のもので、現在は変更となっている可能性があります。)

1)おすすめ求人POST画面:
・紹介した求人案件の詳細(求人票)の確認
※求人検索機能はありません。
・紹介した求人案件に関する応募or見送りの連絡
2)レジュメ作成画面:
・キャリアシートの作成・保管
・職務経歴書の書き方見本の確認
3)転職力向上セミナーへの申し込み:
・面接力向上セミナーをはじめ、実践的な各種セミナーの案内と、参加の予約

さらに、リクルートエージェントの申込担当者(キャリアアドバイザーとは別の人)から、キャリアアドバイザーとの面談日設定のためのメールが届きます。
キャリアアドバイザーとの面談は土日祝にも対応可能となっており、在職中の転職活動者にとっては嬉しいところです。ただし、土日祝は面談予約が混み合っているらしく、わたしの場合は第2希望の日時で面談をすることになりました。
キャリアアドバイザーとの面談日が決まると、担当のキャリアアドバイザーから挨拶を兼ねて面談に際しての事前案内がメールで届きます。実際に届いたメールは以下のとおりです(一部加工しています)。

はじめまして。リクルートエージェント◯◯◯と申します。

この度は、弊社「転職支援サービス」へお申し込みいただき、ありがとうございました。
今後、◯◯◯様の転職のお手伝いをさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

今回のご面談では、基本的に◯◯◯様のご希望等に沿って進めさせていただきますが、加えて、これまでのご経歴の整理やご自身の強み、さらに、転職先に求める希望条件などの確認と、現在の転職市場動向などをご説明させていただき、ご意向を踏まえた求人情報をご提供させていただきます。
また、今後のスケジュール、応募書類の書き方に関するアドバイス等も、あわせてご相談させていただければと存じます。

また、ご面談をより効果的なものとするために、以下の質問にご回答の上、ご返信くださいますようお願いします。

では、お待ちしております。

===============================
インタビューシート
===============================

【留意点】
現在のお気持ちを面談の参考としてお聞きしますので、お気軽にお書きください。
出来るだけ記入していただいた方が、より効果的なサポートが可能ですが、書きづらい点、気持ちがまとまっていない点は、未入力のままでも結構です。
ご自身のお気持ちを整理いただくのにも有用と思われますので、どうぞご協力をお願いします。

<ご希望について>
******************************
●転職後の仕事のイメージはいかがですか?
例)業界や職種、通勤環境など

●転居は可能ですか?

●最低希望給与(税込み年収ベースで)

●具体的に検討している会社はありますか?

●ご希望の条件のなかでの優先順位がありましたら、お聞かせください
例)業界、職種、給与、勤務地など

<転職理由>(転職のご事情やその必然性をうかがうための質問です)
******************************
●会社を辞めようと思った理由

●転職を機会に実現させたいこと

<転職環境について>(転職スケジュール作りのための質問です)
******************************
●転職時期
例)いいところが見つかり次第、◯年◯月ごろ

●現在応募中の会社はありますか?
(ある方は選考状況はいかがですか?)

●ご家族には相談されていますか?

●ご家族、ご親戚からの反対等はありそうですか?

<その他>(面接でも必要となる自己PRを自由にご記入下さい。)
******************************
例)スキルやマネジメント経験、性格面での強み・弱みなど

●当社以外の人材紹介会社はご利用されてますか?

●その他ご質問やご要望

質問は以上となります。ご協力ありがとうございました。

上記の質問事項の中で気になったのは、やはり「家族の同意」に関することです。このことについてはキャリアアドバイザーとの面談の中でも必ず聞かれると思います。実際のところ、家族にナイショで転職活動をしていると、内定後のドタキャンなどもあるとのこと。転職エージェントとしては、クライアント企業との関係上、それだけは防ぎたいということでしょう。

さて、いよいよキャリアアドバイザーとの面談です。とある高層ビルの指定されたフロアに到着すると、無人の受付に電話が一台置いてありました。受話器を上げて担当者の名前を告げると、案内係の女性が奥から現れ、面談ブースへと誘導してくれました。この時点でかなり緊張MAXです。内定すら出ていないのに、いよいよ会社辞めちゃうんだな・・・という不安に襲われます。気が早すぎると笑われそうですが、大学で採用面接を受けるのとは別の種類の緊張感があります。

面談ブースにはデスクと椅子のほかに、パソコンとプリンタが置いてありました。椅子に腰を下ろして待つこと数分、現れたのは年下と思われる女性でした。そのことに少し面食らいつつも、まずはお互いの名刺を交換します。
なお、面談はカジュアルOK(スーツ不要)ですが、キャリアアドバイザーはこちらの「人となり」を見ているハズなので、服装センスに自信が無いならばスーツ着用が無難です。もちろん名刺は忘れないように。

軽く世間話をしたあと、本題がスタートします。まずは転職理由について質問を受け、転職先企業のイメージや希望などを聞かれます。わたしの場合は大学業界に狙いを定めていたので、このあたりの質問にはかなり明確に答えることができたと思います。なお、面談時間を節約するために、ウェブの個人専用ページ(前述のPersonal Desktop)に転職動機や希望条件などをできるだけ詳しく入力しておくことをお勧めします。

こちらの話をひととおり聞き終えると、キャリアアドバイザーは手元のクリアフォルダから数件の求人票を取り出しました。個人専用ページに入力しておいた内容を踏まえて、事前に求人案件を検索してくれていたようです。

おおっ!

これです、まさにこれです。わたしにとってはノドから手が出るほど欲しい「非公開求人」の求人票です。大学職員志望者にとって、これほど貴重な情報は他に無いでしょう。手間を惜しまず、勇気を出して、ようやく手にすることができる、まさにプレミアムな情報です。これを見せてもらうためにココまで足を運んだのです。

デスクの上に並べられた求人票を舐めるように見回すと、たしかに見たことのない求人案件でしたが、残念ながら遠方の大学ばかりでした。キャリアアドバイザーは十分に通勤可能圏内だと話していましたが、通勤環境はわたしにとって優先度が高かったため、お断りすることにしました。
その後は備え付けのパソコンで別の求人案件を紹介してもらい、興味をひかれる団体職員の募集などもありましたが、とりあえずは即答を避け、いったん引き上げることにしました。
なお、言うまでもありませんが、キャリアアドバイザーはビジネスとして転職を仲介しています。転職すること「ありき」でプッシュしてきますので、自分自身の希望条件がブレないように注意が必要です。

キャリアアドバイザーとの面談は以上で終了となり、その後の求人案件の紹介は個人専用ページ(前述のPersonal Desktop)を通じて行われます。わざわざリクルートエージェントの社屋に出向くのは、最初の一度きりということになります。だいたい週に1度くらいのペースでキャリアアドバイザーから求人案件の紹介がくると思います。

わたしの場合、キャリアアドバイザーとの面談からそれほど日を置かずに、現在の勤務校から内定を獲得することができました。このため、リクルートエージェントから直接的な恩恵を得ることはありませんでしたが、転職エージェントを使おうか迷っている方のために体験記を残しました。

言うまでもなく、大学職員の公募は非常に数が限られています。わたしは転職先に求める条件が明確であったため、キャリアアドバイザーからの紹介を「これはダメ、それもダメ」とお断りしましたが、まずはどんな情報でも欲しい、という方も多いのではないでしょうか。
キャリアアドバイザーとの面談は率直なところ面倒ですし、一歩踏み出す勇気も必要ですが、「非公開求人」の中身が気になって仕方がないのならば、もはや躊躇する必要はないと思います。

最後に、わたしが検討した転職エージェントと、それぞれの特徴を紹介します。上からお勧めの順ですが、基本的に各社が独占求人を持っているので、2つ3つを掛け持ちするのも十分にアリかと思います。

リクルートエージェント
転職エージェント業界の最大手であり、非公開求人の案件数は10万件以上と群を抜く存在。北は北海道から南は福岡まで、面談会場は全国に16拠点とアクセスも便利。どれか1社選ぶならココ。
http://www.r-agent.com/

マイナビエージェント
人材紹介業界においてリクナビと双璧をなすのがマイナビ。来社面談が困難な場合には電話での面談が可能。郊外や地方在住の方でも転職エージェントの利用を諦めることはありません。
https://mynavi-agent.jp/

type転職エージェント
社名検索で「大学」を調べてみると、常時10件以上の非公開求人案件がヒットする。意外に穴場か?
https://shoukai.type.jp/

DODA(デューダ)
80年代に「デューダする」のCMで一世を風靡したDODA。日本最大級の転職イベント「DODA転職フェア」には、早稲田・慶應など大学業界も参加実績あり。
http://doda.jp/ 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Buffer this page