はじめに

恐らく、この業界への就職や転職を考えている方の多くは、
「ノルマが無く、安定していて、まあまあ待遇が良い」
というイメージをお持ちかと思います。
民間企業の厳しさを知らない人々がのんびりと仕事をしているんだろう、
そんな職場風景を想像されるかもしれません。

こうしたイメージがあることから、なんとなく
「誰にでもできそうだ」
「民間企業での経験が優遇されるはずだ」

という軽い考えで応募する方も多いかと思います。

なにも一流商社やテレビ局を受けているわけではあるまいに、
たとえ倍率が高くても、それほどハイレベルの争いになるはずもなかろう。
そのうち自分にも内定の順番が回ってくるはずだ、
そんな期待がどこかにありませんか。

しかし、当然ながら採用試験にそのような「順番」はありません。
素質のある方は一発で内定を獲るし、そうでない方は何度でも落ち続けます。

私の転職活動も選考落ちの連続でした。

私の転職活動期間は2ヶ月強でしたが、私はこのわずか2ヶ月の間に
最終落ちの憂き目を2度も味わっています。
選考結果をドキドキしながら待ったこともあります。
選考試験の会場に向かう途中で、何度も引き返そうと思ったこともあります。
最終落ちのショックは非常に大きく、内定をもらう自信すら消えかけました。

そんな私が失敗から立ち直り、短期間で内定に漕ぎつけた背景には、
それなりに準備の効果があったのだと思います。
面接のイメトレや筆記対策など、いろいろやりました。
ただし、2度の最終落ちを通じて私が痛感せざるをえなかったのは、
やはりテクニックだけでは最後のドアは開かないということです。

理念!倫理!熱血!などウンザリかもしれませんが、
特に最終面接やその一歩手前で足踏みしている方には、役に立つ点も
それなりに多いのではないかと思います。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Buffer this page