面接に向けた事前準備

面接当日・前日の下準備

受験勉強に直前対策があるように、就職活動の面接試験でも、 当日・前日に確認しておくべきポイントがあります。 まず、志望大学の基本情報をホームページ等で確認し、 一夜漬けでも構いませんから頭に叩きこんでください。 詳しくは以下で述べますが、学部数やキャンパス所在地などの 基本的なデータをインプットするわけです。 多くの志願者は志望動機を練ることに意識が集中してしまい、 こうした基本的な作業が意外と手抜きになるものです。...

面接での「失言」を防ぐ3つの予防策

専任職員の選考では、最終面接も含めて3回程度の面接試験を課す大学が多いかと思います。一番の面接対策はESをしっかり練ることであることは言うまでもありませんが、いかに質の高いESが書けていたとしても、面接会場には意外な「魔物」 が潜んでいるものです。...

質問パターンの事前把握

面接対策で極めて有効なのが、質問パターンを事前に把握しておくことです。 どのような質問にも対しても迎撃態勢を整えておくことで、 言葉が途切れたり、失言を犯すといったリスクを軽減できます。 私自身の経験からも、失言リスクは最大の脅威 です。...

評価を上げる質問力

「意外な質問への対処法」 でも若干説明しましたが、人間というのは本当に、 「とっさ」「予想外」「なんでもいいから」に即応できません。 想定外の質問をされると、その場でなんとか意味のある回答を探してしまい、 焦りから思考停止に陥ったり、普段では考えられない大失敗をおかしてしまいます。...
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Buffer this page