未経験者がアピールすべき4つのポイント

大学専任職員の応募倍率は時として100倍を超えるとも言われますが、新卒はもちろん既卒者採用においても、ほとんどの方が業界未経験者かと思います。未経験者が面接やエントリーシートにおいてアピールすべきポイントは何か?それが本日のテーマ。例によってご関心があれば続きをご覧あれ。

まずは本日のネタ元のご紹介。
憧れ職種への転身成功率を高めたい! “本気”を伝える「面接自己PR」講座

《ポイント①》 未経験者は熱意を伝えることで経験不足をカバーする

まず、どのような業界であれ未経験者が自己アピールする際に前提としなければいけないことがあります。それは、「その仕事への熱意を伝えなければ、経験不足はカバーできない」ということです。
どれだけ前職や学生時代に身に付けたスキルや経験をアピールしようとも、経験者には到底かないません。
たとえば、契約職員として大学で3年間の勤務経験がある人と比べたとき、彼らの方がより鮮明に大学業界の現状や組織的課題を語ることができるでしょう。未経験者はどれだけ事実に基づいて業界分析をしたとしても、面接官の実感に訴えるほどのリアリティはありません。
アタマで考えても経験不足はカバーできませんから、無理に「即戦力」をアピールするのは得策ではありません。未経験者だと臆すことなく、いや、未経験だからこそ、熱意を伝えることを意識しましょう。

《ポイント②》 「そこまで調べたのか!」と面接官を唸らせる

そうは言っても、「経験不足は熱意でカバーする」ための具体的な方法は難しいところです。体育会系のノリと勢いでゴリ押ししていくのも、時と場合によっては有効かもしれません。面接という人間どうしの語らいの場では、意外にむき出しの表現方法が人間の感情を揺さぶるものです。
一方で、ノリや勢いに頼らずに熱意を伝えるためには、入念な事前準備こそが最善の方策となります。口先でどれだけヤル気をアピールしようとも、その大学について何も知らないようでは、言葉の真偽すら怪しいというものです。「そこまで調べているのか!」と面接官を感心させることができれば、派手なパフォーマンスなど無しに、本気で就職したいのだという熱意が伝わるはずです。
もちろん、大学マニアのようになんでもかんでも暗記する必要はありません。自身の志望動機に関連する部分だけでOKですから、少なくともWebに公開されている情報には隈無く目を通してください。実際に大学に足を運べば、入試広報や学内報なども手に入るでしょう。そうした刊行物の名称などがスラっと言えるレベルになると、面接官から「彼は大学のことをよく知っているナ」と印象がアップするわけです。

《ポイント③》 希望職務とキャリアパスで将来性をアピールする

大学業界は教員であろうと職員であろうと、基本的には「ポテンシャル採用」です。民間企業の新卒採用ではお馴染みの採用方針ですが、その人の将来性(ポテンシャル)に期待して採用するわけです。
自身の将来性や「伸びしろ」を意識的にアピールしていくことが、内定獲得のためにとても重要です。選考試験に臨むにあたっては、希望職務とキャリアパスは明確にしておきましょう。「やれと言われれば何でもやります!」のようなタイプでは、明日一日に限れば便利な労働力ですが、10年後にどう成長していくのか期待が持てません。面接官に自身の「成長ストーリー」をイメージしてもらうために、少なくとも希望職務やキャリアパスをガチに語れる必要があるのです。
スイスの哲学者アンリ・フレデリック・アミエルが「心が変われば行動が変わる、行動が変われば習慣が変わる」と言ったように、やはり明確な意思こそが将来を開くのではないかと思います。

《ポイント④》 全国紙なら読売新聞が情報源としてベターかと

前提として、大学業界に就職するならば新聞は購読するようにしてください。面接の場で「今朝の新聞記事で記憶に残ったものはありますか?」という質問が普通に出されたりします。こんな馬鹿みたいな質問あるかと思うかもしれませんが、既卒者採用でも聞かれたりするので注意してください。「ニュースはネットで見てるんで」は大学人には通用しません。
また、社会人であれば日経新聞を購読している人も多いかと思いますが、日経新聞は教育関連の記事には力を入れていないので、「大学の実力」など情報力に定評のある読売新聞が情報源としてはベターかと思います。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Buffer this page